源氏物語
『源氏物語』は54巻に及ぶ長編物語です。大まかにわけますと、3つの要素で構成されています。
・光源氏の栄達(桐壷〜藤裏葉)
・六条院の変容(若菜〜幻)
・薫と宇治の女たちの愛と苦悩(匂宮〜夢浮橋)
※( )の中は帖の題名をしめす 
いかがですか?源氏物語はこのように3つの輝かしいの舞台で構成されており、光源氏を取り巻くさまざまな女性との恋の始終が描かれています。 


源氏物語「小柴垣のもと」について知りたい方は下をクリック!!!!!
クリック!!!!!
次へ
2組入口
他の「小柴垣のもと」も見てみよう! あの有名な「源氏物語」について紹介するページです。『小柴垣のもと』の本文紹介もしています。 作者は紫式部という女性です。