2組入り口

小柴垣のもと



  日もいと長きに、つれづれなれば、夕暮れのいたう霞みたるに紛れて、かの小柴垣のもとに 立ち出で給ふ。人々は帰し給ひて、惟光の朝臣とのぞき給へば、ただこの西面にしも、持仏据ゑ 奉りて行ふ、尼なりけり。簾少し上げて、花奉るめり。中の柱に寄りゐて、脇息の上に経を置き て、いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。四十余ばかりにて、いと白うあてに、 痩せたれど、つらつきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、なかなか長 よりもこよなう今めかしきものかなとあはれに見給ふ。 きよげなる大人二人ばかり、さては童べぞ出で入り遊ぶ。中に、十ばかりにやあらむと見え て、白き衣、山吹などの萎えたる着て走り来たる女子、あまた見えつる子どもに似るべうもあら ず、いみじく生ひ先見えてうつくしげなる容貌なり。髪は、扇を広げたるやうにゆらゆらとして、 顔はいと赤くすりなして立てり。


口語訳

光源氏は日もたいそう長いうえに、退屈なので、夕暮れのたいそう霞んでいるのに紛れて、あの 小柴垣のもとに出かけなさる。他の人々は帰しなさって、惟光の朝臣とのぞきなさると、ただこの 西向きの部屋で、持仏を置き申し上げて仏道修行をしているその人は、尼であったよ。尼は簾を少 し上げて、花をお供えしているようだ。中の柱に寄りかかって座って、脇息の上に経を置いて、た いそう具合悪そうに座って読経している尼君は、並の身分の人には見えない。四十歳過ぎくらいで、 たいそう肌が白く上品で、痩せているが、顔つきはふっくらとして、目元のあたり、髪が美しく切 りそろえてある毛先も、かえって髪が長いよりも格別に当世風だなあと光源氏はしみじみご覧にな る。 こざっぱりと美しい年配の女房が二人ほど、それから女童が出たり入ったりして遊んでいる。そ の中に、十歳位であろうかと見えて、白い下着、山吹襲などの着なれたものを着て走って来た女の 子は、たくさん見えていた子供に似るはずもなく、将来の美しさが予想されてかわいらしい顔立ち である。髪は扇を広げたようにゆらゆらとして、顔はたいそう手でこすって赤くして立っている。


point

@本文1行目   ・日もいと長きに+霞→時期は晩春   ・夕暮れのいたう霞みたる→垣間見(覗き見)には最適 A本文1行目   ・かの小柴垣のもとに       僧坊なのに女性がいる→関心

この話の続きへ

源氏物語 光源氏誕生

前編へ
後編へ